体のバランスを整える

丸いサプリ

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は、仕事中、サッカー等の過度なスポーツをしている最中といった高緊張な状態が続いた状態です。一方、副交感神経とは、空気を吸ったり、自然を眺めたりしている落ち着き、リラックスな状態です。人間は、生活している中で、交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になったり、それぞれが優位になる事を繰り返します。ただし、長時間労働をしなければならなくなったり、逆に家にずっと引きこもり、人の関わりを避けるような生活を続けると、自律神経のバランスが崩れた状態になり、自律神経失調症の原因となります。自律神経失調症の症状は、頭痛、吐き気、発熱、下痢、うつ状態といった症状が現れたりします。

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れている状態なので、生活を改善する事によって効果がでます。交感神経が優位になる時間、副交感神経が優位になる時間をそれぞれ意識的に作る事は重要になります。会社に行っている時は、交感神経が優位になっています。例えば、仕事中30秒だけ外の景色を見て副交感神経を優位に働かせるといった時間を持つ事は、治療に繋がります。また、仕事から帰ってきたら、思いっきりリラックスする事も重要です。少し温めのお風呂に入ったり、呼吸を意識的に行う事も副交感神経を優位に働かせる事に繋がります。また、人間は、夜は副交感神経を優位になり、ゆっくりと落ち着いた静かな時間を持つ事は、入眠に向けて大事な状態です。このように、日常生活で少しのゆったりできる時間を作る事は、自律神経失調症を和らげる事に繋がります。

自律神経失調症とは

たくさんのサプリ

自律神経失調症は、自律神経の障害により起こる様々な症状の総称です。原因も多岐に渡るため、その治療法も患者個人により異なります。自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、このバランスの乱れによる症状がすなわち自律神経失調症です。

治療を行うには

4粒のサプリ

自律神経失調症は、体のバランスが崩れることによって頭痛や目眩、下痢といった症状を引き起こす病気です。症状を改善するには、生活習慣の見直しが大切になります。この際に、完治するというイメージを持って行動すると良い結果が生まれます。

自律神経を知る

悩む男性

自律神経とは人間が機能する上で非常に重要なもので、自律神経が正常であるからこそ日常生活が可能です。自律神経失調症になると時間間隔が狂ったり、夜眠れなかったりします。治療するには専門機関での受診が大切です。